スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方神起は5人でひとつ。

2009年08月04日 12:19

昨日の公式発表から一夜明け。
皆さんもいろいろな想いを抱えていることだろうと思います。


今まで奴隷契約だと騒がれていたけど、まさかここまでとは。
。。。本当ひどい、やりきれない。
このご時勢でCD50万枚も簡単に売れるわけないでしょう。


今まで私達ファンが見てきた「東方神起」
寝る間も惜しんでファンに届けてくれた歌声や笑顔、たくさんのあたたかい言葉。
「思いを届けたいから。。」と日本語で作ってくれたメンバーの自作曲の数々。

5人のどれだけの努力と思いで成り立ってたんだろうって。。。

「ありがとう。」って言葉だけじゃ本当に本当に足りないよ


Love in the iceのフレーズ。
”苦しいほどに強く感じあえる 人の温もり”

たくさんのファンが東方神起の幸せを願ってるから、大丈夫^^
今度は、私達ファンがたくさんの愛で彼らを支えていきたいな。。。


―メンバーたちの間には何の問題がなく、いつまでも一つであるというファンたちとの約束を守ろうとしているメンバーたちの心は全て変わりありません

―さらに大きな夢のための跳躍だと考え応援してくださるのならば、もっと素敵で成熟した姿で声援に応えることをお約束いたします



私は、ずっと東方神起を応援し続けます^^
本当に心配なのは彼らの体調です。。。精神的にも疲れてるだろうし、この暑さだし。
日本のスタッフさん、本当よろしくお願いしますTT


ジュンス ユチョン ジェジュン チャンミン ユノ
東方神起は5人でひとつ
5人の出会いは、本当に運命だと思うんだ
この5人なら、この困難も乗り越えられると信じてます^^



追記に、弁護士からの正式な見解についての記事を載せておきます。



3人は、「デビュー後5年間、3人のメンバーは会社が一方的に進行した日程により心と体が疲れきってしまった。化粧品事業は今回の訴訟とは関係ない」と明かした。
さらに「決して解散を求めているのでは無く、メンバー間の仲には問題もない。不当な契約の束縛から抜け出したいだけ」と強調した。
以下、報道資料全文

#1.デビュー後5年間、3人のメンバーは会社が一方的に計画し進行した日程により、心と体がひどく疲れきってしまいました。

junsu、jaejung、yuchunは、グループ東方神起のメンバーで、2004年初めのデビュー以降、今までSMの指示に従い韓国、日本、中国を行き来し、1年に1週を除いては、1日3-4時間程度の睡眠時間しか得られずスケジュールと消化してきました。その過程で3人は、健康はひどく悪化し精神的疲労感もまたピークに達していたが、SMは東方神起の海外進出を試みながらさらに無理な活動計画を一方的に樹立しました。結局、3人はこれ以上SMではアーティストとしての夢を叶えるというより、会社の収益創出のための道具として消耗されてしまうと判断し、各自のビジョンに従った芸能活動ができることを希望するようになりました。

#2.13年という専属契約期間は、事実上の終身契約を意味しています。

しかし専属契約によると、契約期間が実に13年に達し、軍隊服務期間を含める場合15年以上で、まだ10年近い時間が残っており事実上芸能界を引退するときまでを意味しており、専属契約を解除する場合、総投資金の3倍、逸失収益の2倍に該当する違約金を負担するうえに、合意で契約を解除する場合にも違約金を支払わなければならないようになっており、数千億ウォンに達するほどの違約金条項で、契約解除も事実上不可能であり仕方なくSMに束縛されるしかなかったのです。

#3.メンバーたちはSMから努力に相応しい待遇を受けることもできませんでした。

だからといって、メンバーたちが契約期間の間、SMから相応しい待遇を受けていたわけではありません。契約金がないのは勿論、専属契約上の音盤収益の分配条項を見ると、最初の契約では単一のアルバムが50万枚以上販売される場合にだけその次のアルバム発売時、メンバー一人当たり1,000万ウォンを受け取れるだけで、50万枚以下で販売される場合はたったの一銭たりとも収益を配分されないようになっていました。この条項は2009年2月6日に至ってから改正されましたが、改定後にもメンバーたちがアルバム販売で受ける分配収益金はアルバム販売量によって一人当たり0.4%~1%に過ぎません。

#4.メンバーたちは不当な契約の是正を数回要求しましたが、SMはメンバーたちの意見に耳を傾けようとしませんでした。

このような状況で3人は、SMに専属契約の不当性を指摘して専属契約の効力から抜け出し、各自のビジョンに従った活動ができるようにして欲しいと数回要請しましたが、SMは今回の件とは何の関係もない化粧品事業の投資を取り上げて本質を濁そうとするだけでした。それでも3人は最大限円満にみんなが共存できる道を模索しようと、最終的に双方が会って対話を通して一番円満な事態の解決策を見つけられるように合意の場を設けてくれることを要請しましたが、SMはそれさえも応じず、これに及ぶ一連の過程でSMが見せてきた態度が、これ以上、対話を通した解決による希望を持つことは無意味だと悟ることになり、結局3人は裁判所にこの問題の解決を訴えることに至りました。

#5.化粧品事業の投資は、芸能活動とは無関係な財務的投資として今回の仮処分申請とは何の関係もなく、この件の本質は専属契約の不当性です。

一方SMでは、メンバーたちが化粧品事業の投資によって今回の仮処分申請をしたと公式立場を表明しましたが、メンバーたちが化粧品事業に投資したことは今回の仮処分申請は全く関係がありません。SMが取り上げている化粧品事業は、中国に進出する化粧品販売会社に3人が株主として投資した件で、芸能活動とは全く無関係な財務的投資であるだけです。常識的に考えてみたとしても、中国に進出しようとしている化粧品会社に1億ウォンほどの金額を投資したことのために、その間の東方神起としての全ての成果をあきらめなければならないかもしれない今回の件を敢行したということは、誰も納得できないはずです。メンバーたちが提議している問題の核心は、専属契約の不当性で、SMは契約と何の関係もない化粧品事業を取り上げて、問題の本質を曖昧にしようとする企みを即刻、中断しなければならないのです。

#6.メンバーたちは決して東方神起の解散を求めているのではなく、不当な契約の束縛から解放されようとしているだけである。

多くのファンの皆様におかれましては、今回の仮処分申請で東方神起の解散を憂慮されていることと思います。しかし、今回の仮処分申請は絶対に東方神起解散を前提にしているものではありません。今は仮に問題解決の方式に対する見解の違いで3人だけが訴訟に参与していますが、メンバーたちの間には何の問題がなく、いつまでも一つであるというファンたちとの約束を守ろうとしているメンバーたちの心は全て変わりありません。今回の事で契約の不当性が是正され、思い存分わたしたちの音楽をすることができる条件が揃えられたら、みんなが一つになってファンの皆様の前に立てるはずだと信じて、勇気を出すことになったわけです。

#7.さらに成長するきっかけとなるようにします。

東方神起を大切にしてくれるファンの皆様には、3人の今回の仮処分申請で大きく驚き、失望されたかもしれないことをもどかしく、申し訳なく思っていますが、さらに大きな夢のための跳躍だと考え応援してくださるのならば、もっと素敵で成熟した姿で声援に応えることをお約束いたします。

p.s. 参照で韓国のアルバム市場では何年の間アルバム販売量が 50万枚の超える歌手はあまりいなかったし, 平均的にアルバム販売量が 10万枚が超える歌手も数えることができる韓国のアルバム市場です.(翻訳家 注釈)

DNBNより。


スポンサーサイト


コメント

  1. SAKURA | URL | QsbKYR76

    Re: 東方神起は5人でひとつ。

    また来ました!!
    私も何があろうと、東方神起を応援し続けますッ!!
    こんなことで東方神起の絆が壊れるとは思えないし、彼らなら成長して、さらにかっこいい姿で活躍してくれると思います!!!
    でもやっぱり、5人の体調が心配ですね。

  2. ななみ | URL | -

    ♪SAKURAさん
    コメントありがとうございます^^

    きっと彼らも今後も音楽を続けていくうえで、この決断をしなければいけないと考えたんだじゃないかなって思ったりもしますし、彼らならきっと乗り越えてくれると信じています^^

    そのためにも、ファンが支えていかなきゃですね!
    本当今の彼らが心配で、今日の花火もTV中継して欲しいくらいです(苦笑)
    日本のスタッフさんに神頼みって気分です^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jejunxxx.blog76.fc2.com/tb.php/530-441bd585
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。